<< A STORY原宿本店に再入荷したGothic LaboratoryとMari Gotoの人気の腕時計をご紹介。 | main | DaQuise ダクィーズ スイッチ搭載アクセサリーの新色が入荷致しました。 >>
2013.11.06 Wednesday

PHABLIC×KAZUI ファブリックバイカズイの暖かい冬物のお洋服のご紹介!

皆様こんばんは。
近頃はどんどん寒くなってきましたね。
本日はPHABLICxKAZUI ファブリックバイカズイの、これからの季節にお使いいただける冬の寒さに負けないお洋服をご紹介致します。
PHABLICxKAZUI ファブリックバイカズイの今年の秋冬コレクションテーマは、北国の郵便局員『ステファン』。
人から人へ手紙を届ける毎日を誇りにして、小さな町の郵便局員は暮らしています。
「ステファン」の制服をイメージして作られた、お洋服です。

まずはこちら。
PHABLIC×KAZUI ファブリックバイカズイ
PHABLICxKAZUI (ファブリックバイカズイ)ポストマンコート72,450円(税込)

オリジナルで編み立てたリブメルトンを贅沢に使用した最高級のコートです。
ポストマンコートらしく左肩のリフレクターテープがポイントになっています。
襟元のスヌードはジッパーによって取り外す事も出来、ボタンを全てとめる事でマフラーいらずの温かさを確保。

フロントは3重の構造。
リブと一体になった袖裏地、身頃裏にはコットンスエードを使用。
見た目だけでなく防寒性も含め、「ステファン」のストーリからデザインされています。

両脇のポケットには、アウトポケットとハンドウォームポケットがあしらわれています。

フラップ下を通るベルトによってウエストのフィット感を調整する事が可能。
ベルトで絞る事でシャープなシルエットで着る事が出来ます。

PHABLIC×KAZUI ファブリックバイカズイ
PHABLICxKAZUI ファブリックバイカズイpostman jacket Harris Tweed57,750円(税込)
3つボタンのポストマンジャケットです。

英国ハリスツイードが製造している現在の生地と、昔製造していたヴィンテージの生地の両方を使用し、ファッションの歴史も感じる事の出来る、ファブリックバイカズイらしい、上質なジャケットに仕上がっています。

サイズは、Sサイズ(1)Mサイズ(2)2サイズから。

PHABLIC×KAZUI ファブリックバイカズイ
PHABLICxKAZUI ファブリックバイカズイpostman jacket44,100円(税込)
街の角に立つ小さな一軒の郵便局
そこには大きな暖炉と黒猫が一匹
そして 男が一人
人から人へ手紙を届ける毎日を誇りに 彼は今日も行く
「あぁ 素晴らしき人生に紡ぐ あぁ 素晴らしきこの人生」

北国の郵便局員『ステファン』の小さな物語。

その物語の主人公でもある郵便局員「ステファン」の制服を
イメージして作られた、ネイビーのポストマンジャケットです。
サイズは、Sサイズ(1)Mサイズ(2)2サイズから。

いかがでしたでしょうか。
来月12月6.7.8日、金土日で冬物を通り越して春夏コレクションの受注会をA STORY新宿店で開催予定です。
受注会では、Ventriloquist ヴェントリロクィストの春夏コレクションも御目見え。
ぜひご期待下さい。

本日もたくさんのご来店誠にありがとうございました。
手作り腕時計とアクセサリーのお店 A STORY
明日木曜日の営業時間は
原宿本店 12:00〜20:00
新宿新南口店 12:00〜21:00 となります。

皆様のご来店を心よりお待ち致しております。

A STORY新宿店 nozomi


【新宿店からのお知らせ】
10月18日〜11月12日
錬金術師Mantamマンタムのエキシビジョン 開催中!
ライブや映画等、会期中はイベント盛沢山です!
詳しい情報はツイッターやフェイスブックで随時更新していきますので、お見逃しなく!



18 fri. Oct. - 12 Tue. Nov. 2013
「感情の為の機械」 Mantam Exhibition
A STORY TOKYO SHINJUKU
会場音楽 Közi (ZIZ/XA-VAT/EVE OF DESTINY/ex.MALICE MIZER)

−個展中イベント−

チェコっとシネマ 11月8日(金)
スカンク ライブ (詳細未定)
難波研 ライブ 
11月9日(土)
ライブではMantamの製作した楽器を使用する予定で す。
  Mantam(マンタム)
チェコの巨匠ヤン・シュヴァンクマイエルとの交流も深い、
日本一クレイジーな骨董屋「アウトローブラザーズ」の首領のマンタム。
実験器具や医療器具、動物の剥製や死骸。様々な骨董を自在に操り、オブジェやアクセサリーを次々に発表。
プリミティブでシュルレアリスムな作風は、作り手やアーティストからも注目されています。
容赦のない異系の作品のパーツひとつひとつは、すでに現役を退いたものばかり。
それらが新たに息を吹き返す。彼の手によって...
JUGEMテーマ:ファッション


 
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode