<< 古い友達のように寄り添ってくれる、LIEN リエンのヌイグルミをご紹介。 | main | Fillyjonkフィリフヨンカの可憐なお花シリーズのアクセサリーをご紹介! >>
2013.11.21 Thursday

Gothic Laboratory Classic Wristwatchのベルト作り

こんばんは。

お店の外も、日増しに風が冷たくなって冬の足音が聞こえてくるようです。
皆様も、季節の変わり目に風邪など引くことの無いように、お気を付けくださいませ。

本日は、A STORYを代表する時計ブランドの1つ、【Gothic Laboratory】の
定番ライン、「Classic Wristwatch」シリーズのベルト制作の過程をちょっとだけお見せ致します!

普段は見られない、手作り腕時計の制作過程。
ベルト作りも大事な作業の1つです!


まず最初に…
大きな1枚の牛革から、型を使ってベルトの形に抜き出します。



このままでは、まだ裏面に毛羽立ちがある状態です。



表面を滑らかにする為の仕上げ剤を薄く均等に塗っていきます。



少し擦るように塗り込んでいく事で、毛羽立ちを綺麗に抑える事ができます。



表の面からも整えます。
これで、どこから見ても綺麗なベルトが出来ました!



仕上げ剤が乾いたら、裏面にブランド名と「made in Japan」のスタンプを押します。


そして次に…
ベルト・ベルトを通すループ・バックルを組み立てます。



表のカシメを通し、ループ、バックルを取り付けます。



裏のカシメで留め、金槌で叩いて固定します。
カシメがずれないように気を付けるのが、結構難しかったりもします…



これで完成!
一見簡単そうなこの作業ですが、多くの時計を作るなかで、
ひとつひとつを綺麗に仕上げるのには頑張りが必要です。

作る側にとっては、たくさんの中の1つにすぎないかもしれません。
ですが、時計をお手に取って頂ける方々にとってはたった1つの時計であります。
全ての時計を大切に、ハンドメイドのぬくもりを感じて頂けるように
日々、心を込めて時計を作っています。


右【Classic Wristwatch テンジクアゲハ(L)/¥19,666-
左【Classic Wristwatch Star chart(L)/¥19,666-

手作りたからこそ感じられる暖かさや個性を探しに、
是非、A STORY店頭にも遊びにいらしてくださいね。

本日も沢山のご来店ありがとうございました。
A STORY 明日金曜日の営業時間は、
原宿店12:00~20:00
新宿店12:00~23:00 となっております。

手作り時計、作家物アクセサリーを取り揃えて、
皆様のご来店をお待ち致しております!


原宿店 emi


 
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode